NEWS

2021.04.26
  • NEWS

うさぎゅーん!が「summertime」=「#君の虜に」とキャラ×音楽コラボレーション!TikTok TOHO Film Festival 2021で公式インスパイアムービーとして配信開始!

株式会社クオン(本社:東京都新宿区 代表取締役:水野和寛)とグリッジ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:籔井健一)は、「うさぎゅーん!」とcinnamons × evening cinemaの楽曲「summertime」コラボレーションアニメ動画のリリースを発表いたしました。




©Quan Inc. ©Gridge Inc. ©tsukunem.

▶4月26日初公開のコラボレーションアニメ動画(TikTok)
https://vt.tiktok.com/ZSJBw79u2/



cinnamons × evening cinema – summertime

本コラボレーションは、両社の新型コロナウイルスの感染拡大により不要不急の外出自粛が呼びかけられる昨今、会えないけど大切な人をネットを介してキャラクターとアニメーションと音楽で元気を届けたいという想いから生まれました。

この取り組みを第一弾として、音楽やキャラクター、ストリートカルチャーなど様々なコラボレーションを予定しております。ジャンル問わす様々な才能を発信し、世界の人に楽しみを届けます。



■『TikTok TOHO Film Festival 2021』の公式インスパイアムービーとして提供



ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」と東宝株式会社は、新たなクリエーターを発掘し、映像・映画を共創する事で映画業界を盛り上げる事を目的とした新しい映画祭『TikTok TOHO Film Festival 2021』を開催します。


<開催概要>
・イベント名 :TikTok TOHO Film Festival 2021
・主催 :TikTok、東宝株式会社
・協力:アドビ株式会社
・応募対象 :13歳以上どなたでも
・募集期間 :2021年4月12日(月)0:00~5月31日(月)23:59

特設ページURL:https://activity.tiktok.com/magic/page/ejs/606d26a51d06d202cf5cab94?appType=aweme

公式アカウントURL:https://www.tiktok.com/@ttff_2021



■うさぎゅーん!とは



『うさぎゅーん』は、おもちとうさぎのハーフです!!! もっちもちのやわらかい体をめいっぱい動かして感情を表現します!!! ぎゅーんっと激しい動きと、ちょっとシュールな可愛さが魅力! 見ていて楽しいキャラクターです!全世界SNSでのスタンプダウンロード数は5億。LINEスタンプのみならず、商品化やキャンペーンなどにも起用されている人気キャラクターです。

公式HP:https://quan-inc.jp/characters/usagyuuun/
LINEスタンプ:https://store.line.me/stickershop/product/10636626/ja
公式Twitter: https://twitter.com/usagyuuunP



■cinnamons ×evening cinema「summertime」について



※写真左 cinnamons 、写真右 evening cinema

レーベルメイトであるcinnamonsとevening cinema によるコラボ曲「summertime」。2020年夏にTikTok東南アジア各国での利用楽曲1位となり、TikTok流行語大賞2020ミュージック部門賞 を受賞。Spotifyが発表した2020年の海外で最も再生された国内アーティストの楽曲ランキングでは7位にランクインをし、コロナ禍においても世界中の人を笑顔にした1曲。

オフィシャルMV:https://www.youtube.com/watch?v=KMTo2LmixqQ
サブスク配信リンク:https://linkco.re/U833yySM
cinnamons:https://www.cinnamons-band.com/
evening cinema:https://www.evening-cinema.com/
tsukunem. :http://tsukunem.com/



■会社概要
【商 号】グリッジ株式会社
【本 社】東京都港区六本木7-15-7 9F
【代 表】代表取締役 籔井 健一
【URL】https://www.gridge-company.com/
【問い合わせ先】info@gridge.com

■会社概要
【商 号】株式会社クオン
【本 社】東京都新宿区下落合4丁目21−19目白LKビル8F
【代 表】代表取締役 水野 和寛
【URL】https://quan-inc.jp/
【問い合わせ先】info@quan-inc.jp
2021.04.19
  • NEWS

クオン、国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」を運営する、つみきと提携。映画・映像業界のIPホルダー・事業者・クリエイターのNFT活用を支援

株式会社クオン(代表取締役社長:水野和寛、本社:東京都新宿区、以下当社)は、国内最大級の映画やドラマ、アニメのレビューサービス「Filmarks」を運営する株式会社つみき(以下つみき社)と提携し、映画・ドラマ・アニメ等のIPホルダー・映像制作事業者・クリエイター向けに、ブロックチェーン技術を基盤とするNFTの活用に関するコンサルティングや実務サポートを行います。


当社は、2018年5月に唯一無二のキャラクターをブロックチェーン上に生成するアプリケーション「CryptoCrystal」を自社開発・リリースし、NFT事業に参入。その後も、エンタメ領域でのブロックチェーン活用を推進してまいりました。2021年4月15日(木)には、NFT活用支援をパッケージ化した「アクセル to NFT」をリリースしております。

【クオン、エンタメ企業や個人クリエイターのNFT活用を支援する「アクセル to NFT」を提供開始】


「Filmarks」は、映画・ドラマ・アニメの国内最大級のレビューサービスです。10万タイトル以上の作品データベースを保有し、投稿された感想・レビュー(Mark!)の数は1億件を超え、映画・ドラマ・アニメの熱心なファンに支えられています。また、つみき社は、近年、映画作品の製作委員会への出資を行なうなどの取り組みも行っています。

今回の取り組みでは、映画・ドラマ・アニメに関連するIPホルダー・事業者・クリエイターに対して新たなビジネスモデルやファンとのコミュニケーション手段の創出を支援し、映像作品の新しい楽しみ方を提供することを目指します。



■IPホルダー・映像制作事業者・クリエイター向けの支援内容
・NFT活用の戦略設計
・NFT発行販売&収益管理の実務支援
・NFT向けクリエイティブ開発・制作支援
・NFTマーケティング支援

*NFTとは
NFTとはNon-fungible tokenの略であり、代替不可能なトークンです。ブロックチェーン技術を用いて唯一無二の価値を表現するデジタルアイテムとして活用ができるため、ゲームやアート、その他の所有権・会員権など他分野で活用が見込まれています。2021年に入ってからNFT取引量の急激な増加に伴い注目を集めています。



■Filmarksについて
国内最大級の映画やドラマ、アニメのレビューサービス。作品のレビューを簡単にチェック・投稿できる機能をベースに「作品の鑑賞記録」や「観たい作品のメモ・備忘録」「作品の感想や情報をシェアして楽しむコミュニケーションツール」として、多くの方にご利用いただいています。

会社概要
【商 号】株式会社つみき
【本 社】東京都目黒区大橋1丁目6−2 池尻大橋ビルディング7階
【代 表】代表取締役社長 鈴木 貴幸
【URL】https://tsumikiinc.com/
問い合わせ先:biz@tsumikiinc.com



■株式会社クオンについて
クオンは2012年より、自社開発したキャラクターのスタンプを、国内外の主要メッセージアプリに提供してきました。米国のFacebook Messenger、Whatsapp、中国のWeChat、日本のLINE、韓国のKakao Talk、カナダのKik Messenger、ベトナムのZaloなど、世界中のほぼ全ての主要メッセージアプリにスタンプを提供しています。主要キャラクターは世界中のユーザーが利用し、2020年9月末地点で累計ダウンロード数は40億を超え、9割以上が海外ユーザーとなっております。メッセージアプリ以外にもTikTok、動画メディア、VR/AR、ブロックチェーン等での展開も強化しており、当社のキャラクラーアカウントのSNSファン数は500万人を超えます。インターネットの展開に加えて、グッズやショップ展開は東アジアを中心に拡大しています。また国内外の大手企業によるキャラクターマーケティングでも起用されています。

会社概要
【商 号】株式会社クオン
【本 社】東京都新宿区下落合4丁目21−19 目白LKビル8階
【代 表】代表取締役 水野 和寛
【URL】https://quan-inc.jp/
問い合わせ先:https://form.run/@ACCELTONFT
2021.04.15
  • NEWS

クオン、エンタメ企業や個人クリエイターのNFT活用を支援する「アクセル to NFT」を提供開始



株式会社クオン(所在地:東京都新宿区 代表取締役社長:水野和寛 以下 当社)は、エンタテイメント企業や個人クリエイター向けに、NFT(※1)活用を支援する「アクセル to NFT」を2021年4月15日より提供開始いたしました。企業やクリエイターが生み出す作品、キャラクター、アートなどIPのグローバル展開や、コンテンツ・サービスのDXを推進し、NFT活用を軸にした戦略的な事業支援を行います。また、今回の事業支援に当たっては、戦略パートナーとしてトークンポケット会社、リンカー株式会社と連携します。

当社では、従来より、エンタメ企業/個人クリエイターのグローバル支援パッケージ「アクセル to アジア」を提供し、アジアの3つの支社(中国・タイ・ベトナム)を中心にエンタメ領域での多言語SNS運用、デジタルコンテンツ流通、グッズ等ライセンスの支援を行なっております。既に数多くの有名漫画IPやアイドルの多言語ファンコミュニティ運用、キャラクターの海外プロデュース戦略設計、ライセンス・イベント展開などの実績があり、運用・展開地域もアジアに限らず、英語圏にも拡大してきております。(※2)

一方、ブロックチェーン領域においては、2018年5月に唯一無二のキャラクターをブロックチェーン上に生成するアプリケーション「CryptoCrystal」を自社開発・リリースし、事前登録で15万件の登録を達成した後、現在までに11,000件を超えるNFTキャラクターがイーサリアムのパブリックチェーン上に生み出されています。また、2019年には、リンカー株式会社と共同でキャラクターの版権自体をNFT化する取り組みを行ない、直近の2021年3月にはNFTマーケットプレイスの「Rarible」で「うさぎゅーん!」「ビジネスフィッシュ」などの自社キャラクターアートを販売開始し、Rarible上で特集されるなど、NFTを活用したキャラクター、アート等のIP領域で事業を推進しています。

今回、エンタメ企業のコンテンツのDX推進の過程や、個人クリエイターの作品展開の中で、「NFT」を活用したいものの、どのように取り組むべきか分からないというお問い合わせを、多数頂いた事から、当社のNFT活用、海外展開、DXのノウハウを「アクセル to NFT」として事業支援パッケージ化にするに至りました。



▲NFTマーケットプレイスの「Rarible」での当社特集

◼︎パッケージ内容
1)NFT活用の戦略設計
既存または新規のプロジェクトやコンテンツ企画の中でどのようにNFT、ブロックチェーンを活用すべきか、NFT発行・販売、クリエイティブ制作、マーケティング(日本、海外)、その他法務・税務を含めて、戦略設計の支援を行ないます。

2)NFT発行販売&収益管理の実務支援
NFT発行・販売・収益管理について当社で包括して対応・運用します。NFTマーケットプレイスの選択、NFT発行実務(独自スマートコントラクトでのNFT発行支援も含む)、収益管理、権利者への配分、ユーザー対応などを行ないます。

3)NFT向けクリエイティブ開発・制作支援
既存のコンテンツをNFT化する際のクリエイティブについて、当社の制作チームが、世界中のNFTマーケットプレイスでのトレンドを把握した上で、制作します。必要に応じて独自のシステム開発、ランディングページ制作なども行ないます。

4)NFTマーケティング支援
既存のコンテンツのファンコミュニティとNFT(ブロックチェーン)のコミュニティ向けの双方を調査・設計し、マーケティング支援を行ないます。日本語、英語はもちろん、8言語での対応が可能です(詳細はお問い合わせください)

※1 NFTとは
NFTとはNon-fungible tokenの略であり、代替不可能なトークンである。ブロックチェーン上で唯一無二の価値を表現するデジタルアイテムとして活用ができるため、ゲームやアート、その他の所有権・会員権など他分野で活用が見込まれている。2021年に入ってからのNFT取引量の急激な増加に伴い注目を集めている。

※2 当社の海外展開での取引実績(一部)
▼日本企業/日系企業
バンダイナムコエンターテイメント、ニフティ株式会社、株式会社テレビ東京コミュニケーションズ、ファンプレックス株式会社、株式会社CAM、株式会社ローソン、エースコック株式会社、香港大塚製薬有限公司、中国天聞角川動漫、LEGS上海中国(睿恪斯(上海)広告有限公司)他

▼海外プラットフォーム企業(共同事業/企画が可能な企業)
テンセント(中国No.1 チャットアプリ運営)、AIS(タイNo.1通信キャリア)、True(タイの通信キャリア・メディアコングロマリッド)、Zalo(ベトナムNo.1チャットアプリ運営)、カカオ(韓国No.1チャットアプリ運営)、9GAG (世界最大バズメディア)他

▼海外ライセンシー企業
NeteEase(中国のゲーム会社)Garena Online (東南アジア最大のゲームパブリッシャー)、PTT(タイ・No.1 エネルギー企業)、友游科技有限公司(大手ライセンシー)、锦州市筑梦少女商贸有限公司、樱月雪晴(北京)文化传播有限公司、北京十二栋商贸有限公司(12blocks))、Central Retail Group(タイ最大のショッピングモール)、DHA Siamwalla (タイ老舗文房具メーカー)、、Siam Piwat (タイ小売、開発会社)他

■お問い合わせ
下記よりご連絡ください。担当者からご返信させていただきます。
https://form.run/@ACCELTONFT

■株式会社クオンについて
当社は2012年より、自社開発したキャラクターのスタンプを、国内外の主要メッセージアプリにに提供してきました。米国のFacebook Messenger、Whatsapp、中国のWeChat、日本のLINE、韓国のKakao Talk、カナダのKik Messenger、ベトナムのZaloなど、世界中のほぼ全ての主要メッセージアプリにスタンプを提供しています。主要キャラクターは世界中のユーザーが利用し、2020年9月末地点で累計ダウンロード数は40億を超え、9割以上が海外ユーザーとなっております。メッセージアプリ以外にもTikTok、動画メディア、VR/AR、ブロックチェーン等での展開も強化しており、当社のキャラクラーアカウントのSNSファン数は500万人を超えます。インターネットの展開に加えて、グッズやショップ展開は東アジアを中心に拡大しています。また国内外の大手企業によるキャラクターマーケティングでも起用されています。

◼︎会社概要
【商 号】株式会社クオン
【本 社】東京都新宿区下落合4丁目21−19目白LKビル8階
【代 表】代表取締役 水野 和寛
【URL】https://quan-inc.jp/
問い合わせ先:pr@quan-inc.jp
2021.04.13
  • NEWS

LINEの人気キャラクター「ベタックマ」とアサヒビールがコラボレーション!大切な人に送りたい『全力で気持ち届けるベタックマのLINEスタンプ』が4月13日(火)より期間限定配信!

株式会社クオン(本社:東京都新宿区 代表取締役:水野和寛 以下 当社)は、4月13日(火)より期間限定で配信される『全力で気持ち届けるベタックマのLINEスタンプ』でLINEスタンプキャラクターの「ベタックマ」とアサヒビールのコラボレーションをいたしました。



『全力で気持ち届けるベタックマのLINEスタンプ』は、16種の多彩なアニメーションのエフェクトLINEスタンプとなっております。激しく動くベタックマのエフェクトスタンプで大切な人にあなたの全力の気持ちを届けてください。
新型コロナウイルスの感染拡大により不要不急の外出自粛が呼びかけられる昨今、会えないけど大切な人へエフェクトスタンプで元気を届けたいという想いでつくられたLINEスタンプです。


■スタンプの入手方法
『アサヒビール』のLINEチャンネルを友達に追加後、アンケートに答えると、激しく動くベタックマのスタンプがもらえます。

ダウンロード用QRコード▼

※QRコードは株式会社デンソーウェーブの商標登録です。


■『全力で気持ち届けるベタックマのLINEスタンプ』概要
【タイトル】全力で気持ち届けるベタックマのLINEスタンプ
【クリエイター】くおん
【ダウンロード期間】2021年4月13日(火)〜2021年5月10日
【LINEスタンプ利用期間】ダウンロード日より180日間
【ダウンロード方法】
①スマートフォンからQRコードでダウンロードページにアクセスし、「ダウンロード」をタップ。
※友だちになっていない方は「友だち追加」をタップして友だちになってから「ダウンロード」をタップ。
②LINEアプリ内のスタンプショップにアクセスし、「アンケート」に回答。
③スタンプのダウンロード。

LINEスタンプの一覧▼


◼︎キャラクター紹介
『ベタックマ』
キモく激しく美しく!キモカワでリアルな動きの白いクマ。おもしろ激しく踊って世界のみんなを笑顔にします!
【Twitter】https://twitter.com/betakkuma
【LINEスタンプ】https://store.line.me/stickershop/product/14521265

◼︎クオンについて
【商 号】株式会社クオン
【本 社】東京都新宿区下落合4-21-19 目白LKビル8階
【代 表】代表取締役 水野 和寛
【URL】https://quan-inc.jp/
問い合わせ先:info@quan-inc.jp

2021.03.31
  • NEWS

国際文化政策学会(ICCPR2020)のセッションに登壇しました

株式会社クオン(本社:東京都新宿区)の代表取締役 水野和寛が、国際文化政策学会(開催期間:2021年3月23日〜27日)のセッションに登壇いたしました。

坂田一郎氏(東京大学教授)をモデレーターとして、水野、冨永裕介氏(プロデューサー/「Whatever」CEO)、高山晃氏(「Fanworks Inc.」CEO/アニメーション・キャラクタープロデューサー)とともに登壇し、デジタルアート・デジタルコンテンツのトレンド、現状の課題、またその未来についてディスカッションしました。

■セッションタイトル
「New Businesses from Digital Creativity — Trends from Japan」
https://www.gakkai.ne.jp/ICCPR2020/specialpanel.html
世界に通じるコンテンツを一緒に創る仲間、募集中。