日本語
ニュース

22 3月 2021

0

クオンとTwitter Japan共同広告メニュー「キャラフルエンサー」でhtml5を活用した体験型リッチアドを提供開始

株式会社クオン(東京都新宿区:代表取締役社長水野和寛 以下当社)はTwitter Japan株式会社との共同広告メニュー「キャラフルエンサー」において、Twitterマーケティング支援をさらに強化するため、ゲーム及びデジタルコンテンツ企画・制作・運営に強みを持つ株式会社Synk(東京都中央区区:代表取締役小林基紀 以下Synk)と共同でHTML5を活用したブラウザゲームによる体験型リッチアドフォーマットの提供を開始いたします。。


■キャラフルエンサー概要とメリット


「キャラフルエンサー」は当社が強みとする①消費者とのエンゲージメントが高いキャラ・エンタメコンテンツの制作力や②SNSアカウントの運用ノウハウと、Twitter Japanが提供している「スポンサーシップ」を掛け合わせることで、より高い広告効果をもたらすことができます。


従来は当社の制作したクリエイティブをTwitter Japanの広告に使用する場合は、制作費と出稿費用が発生しましたが、本商品をご実施頂くと、当社のクリエイティブ制作費用が内包されるため、制作費が無償となり、に広告予算をすべてTwitter広告配信費用に充てることができます。また、SNSで人気のキャラクターを活用する事で話題性・エンタメ性の高いクリエイティブ制作、高いエンゲージメントを狙う事ができます。


■体験型リッチアドの特徴


ゲームコンテンツ企画・制作・運営に強みを持つSynkとエンゲージメントが高いコンテンツの制作力を持つクオンのコラボレーショにより、エンタメ性の高い広告クリエイティブを企画制作いたします。


1.エンタメ性の高いゲーミング体験アドフォーマットで消費者の興味関心を喚起

広告を消費者が遊ぶことができるエンタメ性の高いクリエイティブに仕上げることで、サービス関与度が低い消費者の理解や、サービスへの興味を喚起することができます。


2.ダウンロード不要!ブラウザゲームでリッチなブランド体験

HTML5を活用したブラウザゲームのためダウンロードが不要です。タイムラインからシームレスにゲームランディングページに移動し、企業や商品が伝えたい訴求点をゲーム内で消費者に伝えることができます。


3.キャラクターを活用することで興味や理解が高まる

弊社が実施した企業がキャラクターを利用しSNSで広報・宣伝活動をすることによる消費者の意識調査では、「キャラクターが商品・サービスを伝えると興味や理解が深まりますか?」という質問に対し、約46%の方が「当てはまる」「やや当てはまる」と回答しました。このことから企業がSNS上でキャラクターを活用すると興味関心が高まりやすくなると考えられます。


■ 限定3社販売開始キャンペーン!初回限定価格でご提供

発売開始キャンペーンとして、先着3社様に限り初回限定価格でのご提供するキャンペーンを実施します。詳細についてはお問い合わせください。


通常価格:950万円

キャンペーン価格(限定3社):700万円(250万円割引)*Twitter出稿費として

納品物:①Twitter広告用GIFバナー ②HTML5を活用した体験型リッチLP


▼お問い合わせ

https://form.run/@charafluencer


■当社キャラクターの広告利用実績


清涼飲料水/アルコールメーカー、食品/菓子メーカー、コンビニエンスストア、百貨店、自動車メーカー、金融(証券・銀行・Fintech)、生命保険、旅行代理店、TV放送局、スマホゲーム、ライブストリーミングアプリ、Eコマース、雑貨など


■Synkについて

【商 号】株式会社Synk

【本 社】東京都中央区入船3丁目10-9 新富町ビル5F

【代 表】代表取締役  小林 基紀

【URL】http://www.synk.co.jp/


■クオンについて

【商 号】株式会社クオン

【本 社】東京都新宿区下落合4-21-19 目白LKビル8階

【代 表】代表取締役 水野 和寛

【URL】https://quan-inc.jp/


Pick Up

contactFooterSingle contactFooterSingle

お問い合わせフォーム

Copyright © 2021 Quan Inc. All Rights Reserved. Site by SUFFIX

個人情報の取扱いについて、当社は日本の法律の適用を受けます。
個人情報の取扱いに関する法令は国または地域によって異なるため、
法の適用が優先される場合は、プライバシーマーク付与を受けている
事業者のあいだでも個人情報保護の水準は必ずしも一律とは限りません。