日本語
ニュース

03 6月 2020

0

キャラクターのエンゲージメント力でTwitter広告効果アップ!クオンとTwitter Japanが共同で新広告パッケージ「キャラフルエンサー」の販売を開始


世界中のチャットやSNSを通じてキャラクターのプロデュースを行う株式会社クオン(東京都新宿区:代表取締役社長:水野和寛 以下 当社)はTwitter Japan株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:笹本裕 以下、Twitter Japan)との共同広告メニュー「キャラフルエンサー」の販売を開始しました。また販売開始を記念し、Twitter Japan株式会社 Global Content Sales Managerの国定様をゲストにお招きして「キャラクターコンテンツを活用したTwitter広告の可能性と事例」のセミナーを開催します。


クオンは、キャラクターSNSを運用しており、チャットツールスタンプは世界累計ダウンロード数が35億件を突破しております。また全SNSのフォロワー数合計が400万人を超えており、ユーザーからの高い支持とファンとのエンゲージメントがございます。

当社が持つ消費者とエンゲージメントを高めるキャラ・エンタメコンテンツの制作力や、SNSアカウントの運用ノウハウとTwitter Japanが提供している「スポンサーシップ」を掛け合わせることで、より高い広告効果をもたらし、クライアントのマーケティング支援を行ってまいります。


共同広告メニューの概要とメリット

▼メニュー概要

キャラクターを起用したTwitterで高いエンゲージメントを発生させるギミックにこだわったエンターテイメントを制作いたします。Twitterの高い拡散力を利用した広告配信を当社キャラクターアカウントから実施いたします。本パッケージ販売開始に伴い、4つのコンテンツフォーマットをご提供いたします。

① キャラクター活用動画

② キャラクターマンガ

③ キャラクターGIFアニメ


▼メリット

従来は当社の制作したクリエイティブをTwitter Japanの広告に使用する場合は、制作費と出稿費用が発生しましたが、本商品をご実施頂くと、当社のクリエイティブ制作費用が内包されるため、制作費が無償となり、に広告予算をすべてTwitter広告配信費用に充てることができます。また、SNSで人気のキャラクターを活用する事で話題性・エンタメ性の高いクリエイティブ制作、高いエンゲージメントを狙う事ができます。



TwitterJapanと共同セミナー開催

Twitter Japan株式会社 Global Content Sales Managerの国定様をゲストにお招きして、「キャラクターコンテンツを活用したTwitter広告の可能性と事例」のセミナーを開催します

開催日時:6月18日(木)13:00~15:00

内容:キャラクターコンテンツを活用したTwitter広告の可能性と事例

定員:100名(超えた場合は抽選といたします)

申し込みURL:https://quan-0618event.peatix.com


当社キャラクターの広告利用実績

清涼飲料水/アルコールメーカー、食品/菓子メーカー、コンビニエンスストア、百貨店、自動車メーカー、金融(証券・銀行・Fintech)、生命保険、旅行代理店、TV放送局、スマホゲーム、ライブストリーミングアプリ、Eコマース、雑貨など



お問い合わせ

株式会社クオン ビジネス推進部 瀧口(たきぐち)

資料請求フォームはこちら

https://form.run/@charafluencer


◾️クオンについて

クオンは、LINEやFacebook等のスタンプ発のキャラクター開発会社です。自社キャラのスタンプ累計ダウンロード数は35億件に達しています。人気が出たキャラクターは国内外でライセンス展開を行い、日本以外に中国、韓国、香港、台湾などの国・地域を中心にして、すでに100種類以上のグッズや、大手企業でのキャンペーン利用などがあります。


【会社概要】

【商 号】株式会社クオン

【本 社】東京都新宿区新宿2-12-4 アコード新宿ビル6F

【代 表】代表取締役 水野 和寛

【URL】https://quan-inc.jp/


Pick Up

contactFooterSingle contactFooterSingle

お問い合わせフォーム

Copyright © 2021 Quan Inc. All Rights Reserved. Site by SUFFIX

個人情報の取扱いについて、当社は日本の法律の適用を受けます。
個人情報の取扱いに関する法令は国または地域によって異なるため、
法の適用が優先される場合は、プライバシーマーク付与を受けている
事業者のあいだでも個人情報保護の水準は必ずしも一律とは限りません。