日本語
ニュース

19 3月 2020

0

【LINEで集客】SNSスタンプ累計DL数世界一のクオンが集客ノウハウを活かした支援を開始!

世界中のチャットやSNSを通じてキャラクターのプロデュースを行う株式会社クオン(東京都新宿区:代表取締役社長:水野和寛 以下クオン)は、2020年3月19日(木)より、LINEを利用した集客を実施又は検討している企業様向けに、LINEスタンプ制作パッケージの提供を開始致しました。 SNSスタンプ黎明期よりスタンプ展開し、現在累計34億ダウンロード(2020年1月地点)を超えるクオンがもつスタンプ制作ノウハウを活かし、 LINEスタンプの企画・制作・集客をワンストップにてご提供致します。また、パッケージの提供にあわせて、2020年3月より「LINE公式アカウント集客」を題材にオンライン勉強会を開催致します。



▪️クオンの実績

クオンは、LINEやFacebook、WechatやZaloなど、世界中のSNSコミュニケーションツールにスタンプを提供してまいりました。現在SNSスタンプにおける世界総累計は34億DLを超え、ECサイトでのグッズ販売を行うなどグローバルに向けてキャラクタービジネスを展開しています。

日本国内においては、LINEはMAU8,300万人、デイリーアクティブ率80%を超える日本最大のコミュニケーションインフラであり、クオンは、300以上のオリジナルキャラクターのLINEスタンプ配信しております。

そのノウハウを活かし、ナショナルクライアントを中心に個別の依頼を受けて限定的にLINEスタンプ企画・制作を行って参りました。


▪️LINEスタンプ制作パッケージについて

LINEは、企業と消費者間における、重要なコミュニケーション方法です。

LINE公式アカウントは2018年12月より月額固定制から従量課金制に変更し、あらゆる企業が利用しやすい料金体系となりました。

さらに、LINE公式アカウントの集客に最適であるLINEスタンプにおいても、「LINEプロモーションスタンプ」(スタンプを無料で配布し友だち登録を促進する法人向けソリューション)に多額の広告費が必要でしたが、2019年11月より従量課金型商品の先行提供が始まり(正式リリースは2020年4月を予定)、マーケティング予算に応じてLINEスタンプを用いたLINE公式アカウントへの集客が可能となりました。

一方で、企業アカウント集客用のスタンプは多数配信されており、ただキャラクターを制作するだけでは十分な集客につながるとは言えず、緻密な理論に基づいた、消費者に愛されるキャラクター作りが必要となります。

クオンは、SNSスタンプ展開により築いた独自のノウハウにより、LINEスタンプの企画、制作、集客を支援致します。


【LINEスタンプ制作パッケージメニュー詳細】

スタンプ企画制作費(静止画8点):320万円

*上記以外のスタンプ点数やフォーマットでの制作対応も可能です。

*当社オリジナルキャラクターとタイアップ場合、別途ライセンスフィーが発生しますのでお問い合わせ下さい。


累計34億DLを突破した株式会社クオンのオリジナルキャラクター


▪️導入をご検討の企業様を対象とした勉強会を実施

クオンでは、LINEスタンプ制作パッケージ導入をご検討の企業様を対象として、2020年3月17日より、勉強会を継続的に実施致します。


【勉強会詳細】

開催日程:2020年3月24日から毎週火曜日

開催時間:18:00~19:00

内容:LINEをビジネスで活用したいマーケティング担当者必見!「LINE公式アカウント集客ノウハウ大公開」

参加費:無料

場所:2020年3・4月はオンライン開催予定です。

申し込みURL:https://quan302003.peatix.com

注意事項:

※視聴のためのURLは開催日にお送りするメールにて別途ご確認ください。

※同業の企業や個人事業主、その他弊社が不適切と判断した場合は参加をお断りする場合がございます。


◼︎クオンについて

【商 号】株式会社クオン

【本 社】東京都新宿区新宿2-12-4 アコード新宿ビル6F

【代 表】代表取締役 水野 和寛

【URL】http://quan-inc.jp//

問い合わせ先:pr@quan-inc.jp


Pick Up

contactFooterSingle contactFooterSingle

お問い合わせフォーム

Copyright © 2021 Quan Inc. All Rights Reserved. Site by SUFFIX

個人情報の取扱いについて、当社は日本の法律の適用を受けます。
個人情報の取扱いに関する法令は国または地域によって異なるため、
法の適用が優先される場合は、プライバシーマーク付与を受けている
事業者のあいだでも個人情報保護の水準は必ずしも一律とは限りません。